古代もちつき体験 2009.1.3 県立考古学博物館   

c0162844_20321110.jpg

緑米
c0162844_2032491.jpg

どんぐり
c0162844_20325677.jpg

くるみ
c0162844_2033224.jpg

いちょうの実
c0162844_2033957.jpg
c0162844_2033151.jpg

キビもち
c0162844_20332133.jpg
c0162844_20332645.jpg
c0162844_20333270.jpg
c0162844_20333871.jpg
c0162844_20334480.jpg
c0162844_20335162.jpg
c0162844_20335713.jpg
c0162844_2034354.jpg
c0162844_20341341.jpg
c0162844_20342677.jpg
c0162844_2034357.jpg
c0162844_20345877.jpg
c0162844_2035867.jpg
c0162844_20354341.jpg
c0162844_20354919.jpg
c0162844_20355617.jpg
c0162844_2036239.jpg
c0162844_2036928.jpg
c0162844_20361538.jpg
c0162844_20362276.jpg
c0162844_20362794.jpg
c0162844_20363552.jpg
c0162844_2036462.jpg
c0162844_20365438.jpg
c0162844_2037260.jpg
c0162844_20372554.jpg
c0162844_20395818.jpg
c0162844_20401733.jpg
c0162844_20402377.jpg
c0162844_20403050.jpg
c0162844_20403811.jpg
c0162844_2040466.jpg
c0162844_2041055.jpg
c0162844_20411450.jpg
c0162844_20412227.jpg
c0162844_20412928.jpg
c0162844_20413679.jpg

 新年イベントの「古代もちつき」に参加した。約2000年前の弥生時代中期にワープしてキビ餅や緑米による餅つきを体験しようとするものだ。
 遺跡から出土したもみ殻から再生産した緑米を利用し、キビなどの穀物を混ぜて餅にするが、これがなかなか美味しい。玄米の形状が一部残って小豆餅のようにみえる。弥生後期にはカマドも普及していたことが判っているので、古代人もおそらく現在に近い食感を味わっていたことだろう。
 またクヌギの実(どんぐり)を一時間ほど煮込んだものを食べた。アクが少し残っていたが、栗の食感そのままで十分食せる。擬似古代体験だった。
 なお、県立考古学博物館に隣接して東日本最大級の甲斐銚子塚古墳附丸山古墳があり、かってこの地に豪族が大きな勢力を持っていたことが知られる。
[PR]

by kousyuusai | 2009-01-04 20:41 | 祭り・伝統芸能

<< 下福沢どんどやき 2009.1... 根津記念館(2009新春) 2... >>