吉田歌舞伎 2011.10.16 富士五湖文化センター   

c0162844_22403585.jpg

c0162844_2241276.jpg

三番叟
c0162844_22425100.jpg
c0162844_22421864.jpg

阿波の鳴門 どんどろ大師の場
c0162844_22444318.jpg
c0162844_22445295.jpg
c0162844_22445949.jpg
c0162844_22451043.jpg
c0162844_22451964.jpg
c0162844_22452849.jpg
c0162844_22453650.jpg
c0162844_22455093.jpg
c0162844_22455945.jpg
c0162844_224684.jpg
c0162844_22461646.jpg
c0162844_2247559.jpg

 名乗ることを許されない母子の別れの場面。ともに暮らす事のできない哀切をしみじみと感じさせてくれた。

太功記十段目 尼ヶ崎の場
c0162844_2248275.jpg
c0162844_22483588.jpg
c0162844_22484126.jpg
c0162844_22484887.jpg
c0162844_22485431.jpg
c0162844_2249185.jpg
c0162844_2249829.jpg
c0162844_22491638.jpg
c0162844_22492398.jpg
c0162844_22493064.jpg
c0162844_22493772.jpg
c0162844_22494322.jpg
c0162844_22495011.jpg

吉田歌舞伎は江戸時代の後期に富士講信者などによって伝えられた。その後、一時中断を経て現在は15人程で活動を続けている。太閤記は豊臣秀吉が主人公だが、太功記は宿敵明智光秀が主人公の演目だ。「尼ヶ崎の場」は逆賊の汚名を着ることになった光秀が、誤って自らの手で母親を刺し殺してしまい、そこに戦場で深手を負った息子が戻って味方の敗北を伝え息絶えるという、悲壮感が追い打ちをかける名場面。
吉田歌舞伎会のメンバーは日々の練習成果を発揮して、感情豊かに演じていた。
[PR]

by kousyuusai | 2011-10-17 22:49 | 祭り・伝統芸能

<< 台ヶ原宿市 2011.10.2... 甲府大好きまつり 2011.1... >>