彩の会舞踊発表会 2011.12.23 一宮ふれあい文化ホール   

c0162844_9545135.jpg
c0162844_9545932.jpg
c0162844_955893.jpg
c0162844_9551785.jpg
c0162844_9552398.jpg
c0162844_9553044.jpg
c0162844_9553715.jpg
c0162844_9554377.jpg
c0162844_9555061.jpg
c0162844_9555757.jpg
c0162844_956332.jpg
c0162844_956921.jpg
c0162844_9561743.jpg
c0162844_9562439.jpg
c0162844_9563557.jpg
c0162844_956423.jpg
c0162844_9564980.jpg
c0162844_9565879.jpg
c0162844_957498.jpg
c0162844_9571131.jpg
c0162844_9571889.jpg
c0162844_9572592.jpg
c0162844_9573250.jpg
c0162844_9573934.jpg
c0162844_957465.jpg
c0162844_9575243.jpg
c0162844_958059.jpg
c0162844_958102.jpg
c0162844_9581836.jpg
c0162844_9582538.jpg
c0162844_9583461.jpg
c0162844_958433.jpg

恩師の出演する舞踊発表会があるので出かけた。舞踊にはまったく疎い小生だが、見て驚いた。踊りと言えば盆踊りや勝手なパフォーマンスしか知らなかったが、伝統芸能としての日本舞踊がこんなにも美しく華麗であったのかと。考えてみれば舞妓などに代表される舞踊は古くから日本の芸能として定着しており、どこの観光地にも芸子(芸者)と呼ばれる踊り手はあった。しかし今は時代の波に翻弄され芸術とは疎遠なものとなっている。芸の道の厳しさがそうさせたのも一因かもしれないが、舞に人を思う心が存在する限り芸は滅びない。73歳になる恩師の力強い舞を見てそう思った。
[PR]

by kousyuusai | 2011-12-24 09:58 | 祭り・伝統芸能

<< 大石道祖神まつり 2012.1... 晴雲寺星祭り 2011.12.... >>