カテゴリ:トピックス( 13 )   

中道往還を歩く(右左口~迦葉坂~古関)2018.4.30   

中道往還は甲府を起点に山崎方代の故郷右左口宿から南方にのび、迦葉(かしょう)坂を越えて古関宿に下り、再び阿難坂を越えて精進・本栖から静岡吉原へ至る。今日はお釈迦さんの十大弟子の一人、迦葉の名を冠した迦葉坂を越えてみた。ちなみに右左口と古関には迦葉山と号する寺が現存する。
c0162844_18100065.jpg
c0162844_18113808.jpg
c0162844_18124357.jpg
c0162844_18132834.jpg
c0162844_18135155.jpg

少々荒れた道を40分程登るとトンネルの右左口側出口に着く。そこから舗装道を横切って反対側に道は伸びている。
c0162844_18141720.jpg
c0162844_18143722.jpg
c0162844_18145799.jpg
c0162844_18151740.jpg
c0162844_18154106.jpg
c0162844_18160919.jpg

峠の10分程手前に甲府盆地が一望できる場所がある。正面中央部がリニア甲府駅の予定地だ。2025年開業予定だが、お釈迦さんもビックリするだろう。
c0162844_18163207.jpg

ここは峠手前の分岐点。左が右左口峠。右が迦葉峠から坂を経て古関部落に下る。
c0162844_18170115.jpg
ここが迦葉峠。古関宿へは正面を下る。
c0162844_18172452.jpg
c0162844_18174750.jpg
c0162844_18181347.jpg
c0162844_18184467.jpg
c0162844_18190726.jpg
c0162844_18192806.jpg
c0162844_18195394.jpg
c0162844_18202043.jpg

街道に至る手前は石畳の道だ。幾千万の旅人が夢や希望を抱いて通ったであろうか。
c0162844_18204536.jpg

ここが往還の登下山口。最近石積みが改修されたようだ。
c0162844_18210886.jpg
c0162844_19585384.jpg
古関街道沿いの道祖神。表札が№33になっていたが、右左口宿からここまで№25と№26、№30~№32が不明であった。



[PR]

by kousyuusai | 2018-04-30 18:21 | トピックス

謹賀新年   

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
c0162844_10275440.jpg

[PR]

by kousyuusai | 2018-01-01 01:18 | トピックス

まちかどの近代建築写真展Ⅷ 2017.9.12~28 甲府駅北口藤村記念館   

全国のまちかどにある近代建築の写真展です。今回は医院建築を特集しています。   ご来場いただければ幸いです。
c0162844_10313175.jpg
9月28日に終了しました。多数のご来場ありがとうございました。

[PR]

by kousyuusai | 2017-09-11 10:35 | トピックス

謹賀新年   

 新年明けましておめでとうございます。
この年末年始は天候に恵まれ、我が家の高台からは遥か北アルプスの峰々までが望めました。奥穂、北穂、南岳、槍ヶ岳などが白銀に染まっています。
今年もこの峰々のように鮮烈な心ざしをもって新たな挑戦に臨む覚悟です。
皆様も健康に気を付けてお過ごしください。
本年もよろしくお願いいたします。
「人生は8合目からが面白い」
甲州斎
     
[PR]

by kousyuusai | 2017-01-01 07:00 | トピックス

山梨のイルミネーション   

甲府駅前
c0162844_2159543.jpg
c0162844_220759.jpg

ハイジの村
c0162844_22101198.jpg

c0162844_22102727.jpg

石和温泉
c0162844_234715.jpg

c0162844_23471940.jpg

c0162844_23474167.jpg

c0162844_23475813.jpg

c0162844_23481432.jpg

竜王駅前
c0162844_21342997.jpg

c0162844_2135038.jpg

c0162844_21352629.jpg

西嶋集落
c0162844_1859045.jpg

c0162844_18495290.jpg

c0162844_18501431.jpg

c0162844_18594226.jpg

c0162844_18504896.jpg

c0162844_1851514.jpg

[PR]

by kousyuusai | 2016-11-04 19:23 | トピックス

まちかどの近代建築写真展Ⅶ 2016.10.4 甲府市藤村記念館   

第7回まちかどの近代建築写真展が甲府市の藤村記念館で10月4日から21日まで開催されます。今回は商店建築にスポットを当てた企画となっており、全国の懐かしい商店建築写真が一堂に展示されています。お気軽に足を運んでください。
c0162844_2062748.jpg

c0162844_2151448.jpg

c0162844_2159026.jpg

10月3日に甲府市教育委員会の方々と協力して飾りつけを行いました。レトロ趣味の方にはもちろんの事ですが、全ての方に失われゆく物への郷愁と先達の物創りへの情熱を理解してもらえる事と思います。実行委員会一同、皆様のご来場をお待ちしています。
10月4日 YBSスコーパー情報で紹介されました。友人の仙洞田先生が出演しています。
c0162844_22482412.jpg

[PR]

by kousyuusai | 2016-10-01 20:16 | トピックス

日本の冒険家たち   

1,伊能忠敬
 1745年千葉県九十九里町に生まれる。50歳で江戸に出て、天文・測量術を学び、73歳まで日本全国を歩き回って、日本地図を作り続けた。その歩数は4000万歩を越えたといわれる。日本地図の創始者
c0162844_911582.jpg


2,間宮林蔵
 1780年筑波郡上平柳村(現茨城県伊奈町)生まれ。19歳から43歳まで蝦夷地(北海道)全土や樺太を命がけで探検。伊能の北海道地図作りに大いに貢献した。
 特に樺太の探検と地図作りによって間宮海峡を発見し、樺太が島であることを示した。
c0162844_912786.jpg


3,白瀬中尉
 1861年 秋田県金浦町生まれ。1912年 日本人初の1年7ヶ月にも及ぶ南極探検実施 以後の南極探検への道を開く
c0162844_9125972.gif


4, 河口慧海(かわぐち えかい)
 1866年 大阪堺市生まれ 本名定次郎
 1897年 仏教経典を求め、神戸港からインドへ(チベット語を学ぶ)
 1899年 ネパール入国(カトマンズでサンスクリット語を学ぶ)
 1900年 中国僧と称してクン・ラ峠(5411m)を越えチベット(ラサ)に入国
        日本人として最初のチベット入国者となる
 1901年 セラ寺の大学入試に合格し、そこで経典を学ぶ
 1902年 日本人である事が露見しそうになったので、ラサを脱出しインドへ
 1903年 数多くの経典を持ち帰り帰国。
 1904年 西蔵旅行記(チベット旅行記)を出版。国中に大きな反響を与える。
 1945年 80歳で死去
c0162844_1273112.jpg
c0162844_128852.jpg
   

5,三浦雄一郎
 1933年 青森県青森市生まれ
 1985年 世界7大陸最高峰スキー滑降
 2003年 エベレスト最高齢登頂記録(70歳)
 2008年 エベレスト最高齢登頂記録(75歳)
 2013年 エベレスト最高齢登頂記録(80歳)3度目
c0162844_9135019.jpg


6,堀江謙一
 1938年 大阪市生まれ。
 1962年 日本人初ヨット単独太平洋横断63日間
 1974年 単独無寄港世界一周
 1989年 2度目の単独太平洋横断
c0162844_9275255.jpg


7,植村直己
 1941年 兵庫県城崎郡日高町生まれ。
 1970年 日本人初エベレスト登頂
 1978年 世界初北極点犬ゾリ単独到達
 1984年 世界初マッキンリー冬季単独登頂
c0162844_9283025.gif


8,風間深志
 1950年 山梨県山梨市生まれ。
 1980年 キリマンジェロ峰バイク登坂
 1987年 世界初バイクによる北極点到達
 1992年 世界初バイクによる南極点到達
c0162844_9165495.jpg


9,大場満郎
 1953年 山形県最上町生まれ。
 1977年 北極海単独徒歩横断
 1999年 南極大陸単独徒歩横断99日間
c0162844_917422.jpg

 
10,白石康次郎
 1967年 東京都生まれ
 1993年 世界最年少単独無寄港世界一周(26歳)
 1998年 太平洋横断世界新記録(14日17時間)
c0162844_11483866.jpg


11,星野道夫
 1952年 千葉県生まれ
 1990年 木村伊兵衛賞受賞
 1996年 カムチャッカ半島でヒグマに襲われ死亡
c0162844_920574.jpg
 

12、中山嘉太郎
 1957年 山梨県一宮町生まれ
 2001年 シルクロード9400km単独走破(西安--イスタンブール)
 シルクロード9400kmと一口に言っても日常の我々には理解しがたい。日本列島を一往復半しても及ばない距離だからだ。それを一日50km、200日も走り通すのだから尋常な体力や気力ではない。世の中にはすごい人間もいるものだ。
c0162844_9222443.jpg

 2005,5,31アウトドアショップ エルクでの公演を終えて

13、田部井淳子
 1939年 福島県三春町生まれ
 1975年 エベレスト世界女性初登頂
 1992年 世界7大陸最高峰女性初登頂
   言葉 『人生は8合目からが面白い。』
c0162844_10322237.jpg


14、竹内洋岳(ひろたか)
 1971年1月 東京都生まれ
 2012年5月 日本人初8000m峰14座登頂成功
c0162844_11491483.jpg


   
15、南谷真鈴(みなみや まりん)
 1996年12月 神奈川県川崎市生まれ
 2016年1月 南極点到達
 2016年5月 エベレスト登頂
 2016 年7月 世界7大陸最高峰日本人最年少19歳で登頂(世界2番目)
 2017年4月  北極点到達
 次の夢は世界8000m峰14座チャレンジ
c0162844_11291245.jpg


 
[PR]

by kousyuusai | 2016-08-26 07:44 | トピックス

まちかどの近代建築写真展Ⅱ 2011.9.17 甲府市藤村記念館   

まちかどの近代建築写真展Ⅱが甲府駅北口にある藤村記念館で開幕した。今回は「懐かしの駅舎を訪ねて」と題して、全国の駅舎290点を展示してある。駅舎の中には今般の東北大震災で消失してしまったJR大船渡線の大船渡駅や陸前高田駅も含まれている。まさに懐かしの駅舎となってしまった訳だが、これらを記録に残した近代建築探訪者の熱意に感服した。
会期は10月16日(日)までの1ヶ月間 <入場無料>
c0162844_22353457.jpg
c0162844_22355255.jpg
c0162844_2236475.jpg
c0162844_22361666.jpg

[PR]

by kousyuusai | 2011-09-17 22:36 | トピックス

まちかどの近代建築写真展 2011.4.2 甲府市藤村記念館   

c0162844_1285452.jpg
c0162844_129570.jpg

準備風景
c0162844_1292082.jpg
c0162844_1293178.jpg
c0162844_1294438.jpg
c0162844_12951100.jpg
c0162844_130087.jpg
c0162844_130727.jpg
c0162844_1301374.jpg

NPO法人「甲府駅北口まちづくり推進委員会」の人々と共に写真展開催に協力した。
今写真展は甲府市の建築家仙洞田先生の発案で企画されたもので、藤村記念館のリニューアルオープンにふさわしく、すばらしいイベントとなった。
[PR]

by kousyuusai | 2011-04-03 01:30 | トピックス

まちかどの近代建築写真展 2006.4.22~30 甲府カトリック教会   

c0162844_20361231.jpg

c0162844_20443598.jpg

c0162844_2045468.jpg

c0162844_20454488.jpg

c0162844_20461442.jpg

全国を回って近代建築を探訪している岡崎さん、前村さん、吉田さんの3人が東京から応援に駆けつけ、仙洞田さんと一緒に準備しました。教会のステンドグラスを背景に心洗われる雰囲気の中で開催でき、甲府工業高校建築科の生徒や教会の関係者など来場していただいた方々もたいへん感銘を受けていたようです。ありがとうございました。
[PR]

by kousyuusai | 2006-04-23 20:27 | トピックス