中道往還を歩く(右左口~迦葉坂~古関)2018.4.30   

中道往還は甲府を起点に山崎方代の故郷右左口宿から南方にのび、迦葉(かしょう)坂を越えて古関宿に下り、再び阿難坂を越えて精進・本栖から静岡吉原へ至る。今日はお釈迦さんの十大弟子の一人、迦葉の名を冠した迦葉坂を越えてみた。ちなみに右左口と古関には迦葉山と号する寺が現存する。
c0162844_18100065.jpg
c0162844_18113808.jpg
c0162844_18124357.jpg
c0162844_18132834.jpg
c0162844_18135155.jpg

少々荒れた道を40分程登るとトンネルの右左口側出口に着く。そこから舗装道を横切って反対側に道は伸びている。
c0162844_18141720.jpg
c0162844_18143722.jpg
c0162844_18145799.jpg
c0162844_18151740.jpg
c0162844_18154106.jpg
c0162844_18160919.jpg

峠の10分程手前に甲府盆地が一望できる場所がある。正面中央部がリニア甲府駅の予定地だ。2025年開業予定だが、お釈迦さんもビックリするだろう。
c0162844_18163207.jpg

ここは峠手前の分岐点。左が右左口峠。右が迦葉峠から坂を経て古関部落に下る。
c0162844_18170115.jpg
ここが迦葉峠。迦葉坂・古関へは正面を下る。
c0162844_18172452.jpg
c0162844_18174750.jpg
c0162844_18181347.jpg
c0162844_18184467.jpg
c0162844_18190726.jpg
c0162844_18192806.jpg
c0162844_18195394.jpg
c0162844_18202043.jpg

街道に至る手前は石畳の道だ。幾千万の旅人が夢や希望を抱いて通ったであろうか。
c0162844_18204536.jpg

ここが往還の登下山口。最近石積みが改修されたようだ。
c0162844_18210886.jpg
c0162844_19585384.jpg
古関街道沿いの道祖神。表札が№33になっていたが、右左口宿からここまで№25と№26、№30~№32が不明であった。



[PR]

# by kousyuusai | 2018-04-30 18:21 | トピックス